« 疲れた~ | トップページ | お久しぶり »

2006年8月19日 (土)

郵政民営化の問題

郵政民営化法案が可決された後、いろいろと動きがでてますね。

まず行われたのは集配業務の廃止。私の出身地の、ど田舎の郵便局もしっかりと廃止局に該当していました。そして今度は、時間外窓口業務の廃止とATMの稼働時間短縮が検討されているもよう。将来はきっと田舎の赤字郵便局は、ほとんどの局が廃止されてしまうのでしょうね。

都会の人にはさほど影響は無いのかもしれませんが、田舎の者には時間外窓口業務の廃止とATMの稼働時間短縮はけっこうきついと思います。ど田舎にはコンビニや銀行はありません。郵便局とJA(農協)だけが頼りなのに...。

時間外窓口業務を廃止する代わりに、日曜日の配達とかが検討されているようですが、農家は日曜日は田んぼや畑に出ずっぱりで、荷物を受け取りづらいです。都会の論理だけで、事を進めてほしくはないですね。もっと田舎にも愛の手を!

|

« 疲れた~ | トップページ | お久しぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/898/11506917

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化の問題:

« 疲れた~ | トップページ | お久しぶり »